浜松いなさIC・路外駐車場の利用を一時退出あつかいに 1月24日から

浜松いなさIC
  • 浜松いなさIC
  • 浜松いなさIC路外駐車場
  • 浜松いなさIC路外駐車場の位置
  • 浜松いなさIC路外駐車場利用が一時退出となる条件

NEXCO中日本は12月24日、「浜松いなさIC路外駐車場」を利用する場合、一時退出と同様の措置の対象とする実証実験を、2022年1月24日0時から開始すると発表した。

実証実験はETC2.0を搭載したフルトレーラー連結車(ダブル連結トラック)を対象に、高速道路を降りて浜松いなさIC路外駐車場を利用後、3時間以内に再度高速道路に乗りなおした場合、ターミナルチャージを再徴収せずに長距離逓減を継続するなど、高速道路を降りずに利用した料金を適用する。

当面、無料実験とし、今後の運用状況を見ながら有料実験も検討する。

同社では、国内物流を支えるトラックドライバー不足が大きな社会問題となっている中、労働生産性の向上や働き方の改善を推進するため、ダブル連結トラックのドライバーの確実な休憩機会を確保する駐車場予約システムの実証実験を実施している。このうち新東名高速道路・引佐連絡路・浜松いなさICでは、本来高速道路のSA・PAに設けられる駐車場を、料金所外に有する事業用地を活用して新たに整備した「浜松いなさIC路外駐車場」で、2021年4月1日から駐車場予約システムの実証実験を実施してきた。

一時退出と同様の措置の対象とする実証実験は当面の間、実施する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース