ホンダ、新型スポーツツアラー『NT1100』発売へ…日常の扱いやすさと長距離走行の快適さを両立

ホンダ NT1100(マットイリジウムグレーメタリック)
  • ホンダ NT1100(マットイリジウムグレーメタリック)
  • ホンダ NT1100(マットイリジウムグレーメタリック)
  • ホンダ NT1100(パールグレアホワイト)
  • ホンダ NT1100(パールグレアホワイト)

ホンダは、日常の扱いやすさと長距離走行の快適さを両立した新型スポーツツアラー『NT1100』を2022年3月17日よりホンダドリームを通じて発売する。価格は168万3000円。販売計画台数(国内・年間)は800台。

パワーユニットは、動弁系にユニカム形式を採用した1082cc直列2気筒エンジンを搭載する。最高出力102ps/最大トルク104Nmを発生。吸排気系を専用設計とし、低速から豊かで幅広く使えるトルクと高回転までスムーズに回る特性を持たせることで、力強くスポーティーな走りを楽しめるパワーユニットとしている。変速機はデュアルクラッチトランスミッション(DCT)を標準装備。変速操作を自動化することで、スロットル操作など他の車体操作に集中でき、より確実に安心感をもってライディングを楽しむことができる。

パッケージングは各パーツの最適配置により、マスを集中。高速巡航時の安定感と市街地などでの軽快性を両立させたハンドリングを実現している。大型のウインドスクリーンは高さと角度を5段階に手動で調整可能。ハンドルグリップとステップの前部に配置したディフレクターとあわせ、高い防風性能を持たせ、クルージング時の快適性を高めている。


足まわりはフロントフォークに倒立式ショーワ(日立アステモ)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を、リアクッションにシングルチューブ分離加圧式を採用。優れた路面追従性による上質な乗り心地に寄与している。またABSを標準装備。アップライトなライディングポジションに加え、シート各部の厚さを最適化などにより、長時間走行時の疲労軽減と高い快適性に寄与。シート高を抑えながらシート幅のスリム化を図ることで、足つき性にも配慮している。

NT1100は先進機能も充実しており、前輪の浮き上がりと後輪スリップを緩和する、ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を搭載。タンデム走行などでの快適な加速感を重視した「TOUR」モード、オールラウンドな特性の「URBAN」モード、雨天時などの走行に適した「RAIN」モードの他、自分好みのモード設定が可能な「USER」モードを採用している。

6.5インチタッチパネル式TFTフルカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイは、Apple CarPlay、Android Autoに対応し、USBケーブルで接続することでスマートフォンのアプリを使用できる。また、Bluetoothによるスマートフォンやインカムとの接続機能も装備する。また、長距離ツーリングなどでの快適性に寄与するETC2.0車載器やクルーズコントロールを搭載している。

デザインはシンプルながらキャラクターラインを強調させ、引き締まった印象と軽快さを与えている。カラーリングはマットな仕上げでモダンな印象の「マットイリジウムグレーメタリック」と、エレガントな色合いで洗練された印象の「パールグレアホワイト」の2色を設定。グラフィックは使用せずにロゴも控えめに配置することで、スポーティかつ落ち着いた上質感を表現している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース