日野プロフィア、4万7000台をリコール 尿素水凍結で排ガス中のNOxが増加のおそれ

日野プロフィア
  • 日野プロフィア
  • 改善箇所
  • 対象車両

日野自動車は12月8日、大型トラック『プロフィア』の排出ガス発散防止装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年6月6日~2020年12月17日に製造された4万7291台。

対象車両は、電熱線付き尿素水配管と冷却水配管の固定方法が不適切なため、走行中の振動で両配管が接触し電熱線が断線することがある。そのため、エンジン警告灯が点灯し、そのまま使用すると低温時に尿素水が凍結し排出ガス中の窒素酸化物(NOx)が増加するおそれがある。

改善措置として、全車両、配管の固定バンドを対策品に交換および追加する。また、配管を点検し損傷している場合は補修または新品に交換する。

不具合は170件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース