米トヨタ、自動運転シャトルサービスを12月20日に開始…レクサス RX 5台を使用

米トヨタの自動運転シャトルサービス。レクサス RX を使用
  • 米トヨタの自動運転シャトルサービス。レクサス RX を使用
  • 米トヨタの自動運転シャトルサービス。レクサス RX を使用
  • 米トヨタの自動運転シャトルサービス。レクサス RX を使用
  • 米トヨタの自動運転シャトルサービス。レクサス RX を使用

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は12月1日、インディアナ州で無料の自動運転シャトルサービスを12月20日に開始すると発表した。

この自動運転シャトルサービスは、「メイモビリティ」と提携を結んで行うもの。平日の午前8時から午後8時まで運行する。このサービスは一般向けに無料で実施され、5台のレクサス『RX 450h』を使用する。

インディアナポリスには、9か所の乗降場所が設けられた。自動運転シャトルは、10~15分間隔で到着する。利用者はGoogleマップで移動計画を立てたり、シャトルの場所の最新情報をライブで確認したりすることができる。QRコードをスマートフォンなどで読み取れば、シャトルの運行ルートなどに関して、詳しく知ることも可能だ。

自動運転シャトルサービスを一般向けに開始する前に、メイモビリティは2021年6~11月、インディアナポリスで試験運用を実施した。レクサスRX450hで3400回以上、自動運転シャトルサービスが提供された。

なお、メイモビリティが開発した自動運転車は、日本では広島県で自動運転シャトルとしての実証実験が行われている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース