GM、新世代EV向けバッテリー素材の合弁工場を北米に建設へ 2024年に稼働

GMC ハマー EV
  • GMC ハマー EV
  • キャデラック・リリック
  • シボレー・シルバラード のEVのティザーイメージ

GMは12月1日、新世代EVプラットフォーム「アルティウム」向けバッテリーで使用するカソード活物質を処理する合弁工場を、北米に建設することでPOSCOケミカル社と合意した、と発表した。

合弁工場では、バッテリーセルのコストの約40%を占める主要な電池素材のカソード活物質を処理する。合弁工場は2024年に稼働する予定で、開業時には数百人の新規雇用の創出を見込む。

合弁工場は、米国のEV市場における主導的地位を目指すGMのバッテリーセル生産拡大を支援する。GMは2025年までに、GMC『ハマーEV』、キャデラック『リリック』、シボレー『シルバラードEV』など、全世界で30車種以上のEVを発売する計画だ。

また、合弁工場は、GMとLGエナジーソリューションが米国オハイオ州ローズタウンとテネシー州スプリングヒルに建設中のアルティウム電池工場に、カソード活物質を供給する。

なお、GMとポスコケミカルは、合弁工場を設立するための最終的な合意を締結する予定。合弁工場の立地に関しては、後日発表される、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース