自動運転時代の都市のあり方や活用法 国交省が検討へ

(イメージ)
  • (イメージ)

国土交通省は11月25日、自動運転時代の都市の将来像や目指すべき施策について検討すると発表した。

国土交通省では、将来的な自動運転技術の活用に向けて自動運転技術の都市への影響可能性を抽出・整理し、自動運転技術の活用について検討するため、有識者で構成する「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」を2017年11月に設置した。

今回、2021年度最初となる検討会を11月29日に開催する。自動運転技術の導入を見据えた都市施設のあり方や、自動運転技術を活用したサービスの展開に向けた都市施設のあり方について議論する。また、基幹的なバス分科会から取り組みの報告を受ける。


◎レスポンス読者の声求む!「タイヤアワード」投票受付開始
《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集