飛行機内にペット同伴、スターフライヤーが2回目の検証フライトへ

スターフライヤー、機内ペット同伴サービス2回目の検証フライトを実施
  • スターフライヤー、機内ペット同伴サービス2回目の検証フライトを実施
  • スターフライヤー、機内ペット同伴サービス2回目の検証フライトを実施
スターフライヤーは、国内定期便において、機内でペット(小型犬、小型猫)と一緒に過ごせる「機内ペット同伴サービス(仮称)」の導入を目指し、第2回目の検証フライトを実施すると発表した。

同社は、航空機を利用した旅行のニーズが多様化している中、将来ペットと一緒に飛行機で旅行できるサービス導入を目指して、第1回目の実証実験を10月に実施した。

今回の検証フライトでは、機内のアレルギー対策として、獣医師の指導のもと研究結果等の知見を活用し、動物の毛の飛散を抑えるペットクレート(ケージ)を利用。高機能微粒子フィルタによる機内換気を行い、徹底したアレルギー対策を検証する。また空港や機内、宿泊先までのペット同伴の移動環境や宿泊までの顧客体験について、各協業企業の協力のもと検証が実施される。

実施日は12月5日、6日の2日間。羽田発北九州着と北九州発羽田着の1日2便で、最後列27列目を使用して行われる。当日の流れは前回同様、ペット持込のモニター搭乗者を優先搭乗で案内、降機時は一般客の降機終了後に降機することになる。

また、空港内および機内でペットをケージから出すこと、餌を与えることも前回同様不可となっている。なお、持ち込み可能動物は、同社指定サイズ(50×40×40cm程度)のペットケージに入る小型の犬および猫限定。モニターに関しては同社で選定しており、モニターへの応募は受け付けていない。
《鈴木まゆこ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集