ポルシェのスポーツEV『タイカンGTS』、予約受注を開始…価格は1807万円

ポルシェ タイカンGTS
  • ポルシェ タイカンGTS
  • ポルシェ タイカンGTS(左)とタイカンGTSスポーツツーリスモ(右)
  • ポルシェ タイカンGTS
  • サンシャインコントロール付パノラミックルーフ
  • ポルシェ タイカンGTS
  • ポルシェ タイカンGTS
  • ポルシェ タイカンGTS
  • ポルシェ タイカンGTS

ポルシェジャパンは、スポーツEV『タイカン』に航続距離500km超のグランツーリスモスポーツモデル『タイカンGTS』を追加し、11月17日より予約受注を開始した。

ロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアされたタイカンGTSは、最大504kmの航続距離(WLTP)を実現。500kmの壁を破った最初のタイカンとなる。これにより、ポルシェの全モデルレンジに「GTS」モデルが用意されたことになる。

タイカンGTSはローンチコントロール使用時には、598psものオーバーブーストパワーを発生。0-100km/h加速は3.7秒以内、最高速度は250km/hに達する。ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を含むアダプティブエアサスペンションは、横方向のダイナミクスを高めるためGTSに合わせて最適化。オプションのリアアクスルステアリングのセットアップもさらにスポーティになった。ポルシェエレクトリックスポーツサウンドも変更され、さらに豊かなサウンドパターンとなっている。

エクステリアは、GTS特有のフロントエプロン、エクステリアミラーベース、サイドウインドウトリムなど、多数のブラックまたはダークカラーの細部を備える。インテリアはブラックRace-Texが標準装備されるブラックアルマイト仕上げのブラッシュアルミニウムインテリアパッケージとともに、エレガントでダイナミックな雰囲気を強調する。

また、新オプションとしてサンシャインコントロール付パノラミックルーフを用意。電気的に切り替え可能な液晶フィルムによって透明からマットに変わり、乗員をまぶしさから保護する。 さらに自動車では世界初となる、9分割セグメントの個別切り替えに対応。透明とマットの設定に加えて、事前に設定された狭いセグメントと広いセグメントのパターンを切り替えることでセミとボールドも選択できる。

価格は1807万円。右ハンドルのみ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース