日産 エクストレイル HV、6万4000台をリコール…走行中にエンストのおそれ

日産 エクストレイル 20Xハイブリッド(2017年)
  • 日産 エクストレイル 20Xハイブリッド(2017年)
  • 改善箇所

日産自動車は10月21日、『エクストレイル』ハイブリッド車のエンジンルームハーネスに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2015年4月20日~2020年8月24日に製造された6万4116台。

対象車両はエンジンルームハーネスの配策が不適切なため、エンジン制御用コントロールユニットを固定しているブラケットとの隙が不足しているものがある。そのため、ハーネスがブラケットに干渉し電線の被覆が削られて短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、その後再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジンルームハーネス当該部位に干渉保護材を装着する。

不具合は7件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

なぜ今、EV/PHEVが注目されるのか……

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース