ボルボ車の内装素材がバッグに…新世代EV向けリサイクル素材を活用

ボルボカーズ(Volvo Cars)は10月8日、新世代EV向けに開発した内装素材を使ったバッグを欧州で発表した。

この内装素材は、「ノルディコ」と呼ばれ、ボルボカーズが開発した高品質で革新的な新素材になるという。ノルディコは、ペットボトルなどのリサイクル素材、スウェーデンやフィンランドの持続可能な森林から採取された生物由来の素材、ワイン産業からリサイクルされたコルクなどを使用したテキスタイルで構成されている。

ノルディコは、ボルボカーズの新世代EVの『C40 リチャージ』から採用されている。ボルボカーズはC40 リチャージから、すべての新型EVにレザー(本革)を使用しないことを決めている。

このバッグは、「3.1 フィリップ・リム(3.1 Phillip Lim)」と共同開発された。3.1 フィリップ・リムは、藻から作られたカーボンニュートラルなドレスやリサイクル素材の使用など、代替素材の調達を促進しているブランド。ともにサステイナビリティ(持続可能性)を重視し、生物由来の素材やリサイクル素材を積極的に使用することに共感したことで、ボルボカーズの内装素材を使用した新しいバッグが誕生した。

なお、このバッグは、環境意識の高い旅行者のために、ごく少数が限定生産される、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース