日産の米国販売19%増、キックス が5割増と好調 2021年1-9月

日産自動車(Nissan)の米国部門の北米日産は10月2日、2021年1~9月の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数(日産+インフィニティ)は78万2656台。前年同期比は19.3%増とプラスに転じた。

全販売台数78万2656台のうち、乗用車は前年同期比16.9%増の27万3354台と回復した。SUVなどのライトトラックも、前年同期比20.6%増の50万9302台と、3年ぶりに前年実績を上回った。

日産ブランドの1~9月実績は、73万5053台。前年同期比は23.1%と、プラスに転じた。乗用車系では、主力車種の『アルティマ』が、7万5508台。前年同期比は22.2%減と、減少傾向にある。『セントラ』は11万0821台を売り上げ、前年同期比は58.6%増と回復した。『ヴァーサ』は5万0569台を販売し、前年同期比は66.9%増とプラスに転じた。最上級セダンの『マキシマ』は、前年同期比10.4%減の1万2593台だった。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』(日本名:『エクストレイル』に相当)が、23万4647台を販売した。前年同期比は40.2%増と、3年ぶりのプラスだ。中型SUVの『パスファインダー』は、23.0%減の2万8885台と、3年連続で減少した。フルサイズピックアップトラックの『タイタン』は、17.4%増の2万2772台と、3年ぶりのプラスとなった。

入門SUVの『キックス』は、前年同期比51.8%増の6万4735台と、プラスに転じた。商用車では、『NV』が8.9%増の1万1297台と回復した。『NV200』(日本名:『NV200バネット』に相当)も、32.7%増の1万6919台とプラスに転じた。

スポーツカーでは、『370Z』(日本名:『フェアレディZ』に相当)が、36台を販売した。新型発売を控えて、前年同期比は98.0%減と落ち込んだ。『GT-R』は30.7%減の167台を売り上げた。

日産自動車の2020年の米国新車販売台数は、89万9217台。前年比は33.2%減と、3年連続で前年実績を下回っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース