ファーウェイ、自動運転とインテリジェントコックピット出展…IAAモビリティ2021

ファーウェイ(HUAWEI)はIAAモビリティ2021に、インテリジェントオートモーティブソリューションを出展した。

ファーウェイのフルスタック自動運転ソリューションの「ADS」は、乗用車で自動運転を可能にする。これにより、都市の通勤者が、あらゆる気象条件・交通状況下で容易に運転ができるようになることを目指す。このソリューションでは、一貫した通勤体験を保証し、個人ガレージからオフィスビルの駐車スペースまで、さらに駐車場から駐車場へのナビゲーションを実現するという。

ファーウェイのADSは、フルスタックアルゴリズム、高品質なデータレイク、強力なコンピューティングセンター、高度なセンサーを搭載する。ファーウェイは長期に渡る投資により、完全な自動運転を実現し、インテリジェントコネクテッドカーの開発を後押しすることを目指している。

また、ファーウェイのインテリジェントコックピットは、人、車、家庭をシームレスに接続し、ユーザーが車載アプリを用いて、デバイスを操作できるようにする。例えば、ユーザーは音楽アプリや動画アプリを使用することで、車内空間をモバイルオフィスやプライベート映画館、ステレオ、スクリーン、カメラを備えたKTVボックスに変える。

またユーザーは、車から家電製品をリモート制御できる。例えば、家に近づくと、音声アシスタントでホームモードを作動させ、実際に家に到着前に、エアコンを最適温度に設定できる、としている。

《森脇稔》
【画像】ファーウェイ、自動運転とインテリジェントコックピット出展…IAAモビリティ2021(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース