自動運転・旅客搭乗橋…成田空港で試験運用中 三菱重工グループ

空港のターミナルビルと航空機とを接続する旅客サービス設備、旅客搭乗橋。係員がレバーを倒すだけでカメラが航空機のドアを認識、旅客搭乗橋は装着位置へ自動で移動する。成田国際空港で自動運転・旅客搭乗橋を試験運用中だ。

三菱重工グループの三菱重工交通・建設エンジニアリングと成田国際空港は、ICT・IoT技術を活用した、世界初の完全無人自動運転による旅客搭乗橋の実装に向けた、共同開発契約を締結した(4月26日発表)。

無人での旅客搭乗橋装着を可能とすることで、空港ターミナルビルにおけるグランドハンドリング作業の効率化を図るとともに、労働力不足に起因する課題の解決に貢献するのが目的だ。

プロジェクトの第一弾として4月20日から、同空港第2旅客ターミナルの67番搭乗口において、安全で高効率かつ高精度に旅客搭乗橋を装着する自動運転機能の実運用を開始した。カメラ映像を画像解析することで航空機ドアを認識、操作パネルのレバーを前に倒すだけの操作で、旅客搭乗橋の移動から飛行機へ搭乗橋を装着する手前までを自動運転する。

プロジェクトは今後、タブレットなどの操作パネルによる遠隔操作や、2基以上の旅客搭乗橋を機体に同時装着するなどといった、自動運転の機能向上に寄与する技術を順次開発し、最終的には「人の手を介さず航空機に装着可能な世界初の完全無人自動運転旅客搭乗橋」の実現をめざす。完全無人自動運転の実用化の時期は2025年9月が目標だ。

この自動運転技術は、広島県三原市にある広島空港の旅客搭乗橋5基へ採用されることがすでに決まっており、引き続き各空港へ納入予定だ。第2旅客ターミナル(T2)67番搭乗口第2旅客ターミナル(T2)67番搭乗口

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース