ジャガー・ランドローバー世界販売、12%増と回復 2021年第1四半期

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は4月13日、2021年第1四半期(1~3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は12万3483台。前年同期比は12.4%増と、回復を果たしている。

全販売台数12万3483台のブランド別の内訳は、ジャガーが2万3463台にとどまり、前年同期比は17.1%減と引き続きマイナス。ランドローバーは10万0020台を販売し、前年同期比は22.6%増とプラスに転じた。

市場別の第1四半期の販売実績では、中国が前年同期比127%増と大幅に増加した。一方、欧州は前年同期比4.9%減と、前年実績を下回る状態が続く。また、地元の英国も前年同期比6.8%減と減少傾向。北米は前年同期比10.4%増と、回復している。

車種別の第1四半期の世界販売実績では、ジャガーの場合、スポーツカーの『Fタイプ』が前年同期比55.8%増と大きく増加した。セダン系では、ミドルクラスの『XF』が28.4%増と好調。小型クラスの『XE』も、5.6%増と堅調だった。SUVでは、発売されたばかりの改良新型『F-PACE』と『E-PACE』の受注が好調という。

ランドローバーでは、新型『ディフェンダー』が第1四半期、全世界で1万6963台を売り上げ、販売増に貢献した。ショートホイールベースの『ディフェンダー90』の販売が開始されたこともあり、モデルチェンジを受けた新型の販売が好調だった。また、『レンジローバー』が前年同期比15.8%増、『レンジローバー スポーツ』が20.7%増、『ディスカバリー スポーツ』も28.6%増と好調だった。

ジャガー・ランドローバーの2020年の世界新車販売台数は42万5974台。前年比は23.6%減と、引き続き前年実績を下回っている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース