【マツダ MX-30 EV】発売…シームレスで滑らかな走りを実現、価格は451万円より

マツダは1月28日、同社初となる量産電気自動車『マツダ MX-30 EVモデル』を発売した。

マツダ MX-30 EVモデルは、EV専用に基本骨格、ボディを強化したマツダの新世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」と、電動化技術「e-SKYACTIV」により、思い通りに操れる走行性能と、様々なシーンで体感できるシームレスで滑らかな挙動を実現する。

進化したエレクトリック G-ベクタリング コントロール プラスを搭載し、高い操縦安定性を実現。回生協調ブレーキはペダルの操作量からドライバーが必要とする制動力を判断し、その範囲内で最大限のエネルギー回生を行いつつ、不足分を摩擦による制動力で補う。エンジン車のアクセルペダルに相当するモーターペダルは、人の感覚にあったトルクコントロールを実現。マツダの安全思想にもとづき、発進から停止までをモーターペダルだけで操作するシステムは採用していない。ステアリングホイールにはプラスとマイナス各2段ずつのパドルシフトで変速可能。モータートルクに同期したサウンドを発生するシステムも搭載する。

バッテリーは総電力量35.5kWhのリチウムイオンを搭載する。モーターの最高出力は107kW、最大トルクは270Nm。普通(AC)充電に加え、CHAdeMO規格の急速(DC)充電にも対応し、一充電走行距離(WLTCモード)は256kmを実現している。また、コネクティッドサービスとスマートフォン専用アプリ「MyMazda」が連携し、バッテリーの状態確認や充電し忘れ通知、出発前のエアコン操作などEVだからこその機能も充実。先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備することで全機種「サポカーS・ワイド」に該当し、サポカー補助金の対象となる。

価格は451万円から495万円。マツダでは購入方法の選択肢を広げるため、残価設定型クレジット「マツダスカイプラン」を用意。3年後の残価率は、従来のエンジン車と同じ55%に設定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ MX-30 EV】どんなクルマ? 初心者向き…適度なスペックと購入支援 画像 【マツダ MX-30 EV】どんなクルマ? 初心者向き…適度なスペックと購入支援
  • ハマー EV、オフロード電動SUVレース参戦…4月開幕の「エクストリームE」 画像 ハマー EV、オフロード電動SUVレース参戦…4月開幕の「エクストリームE」
  • 【メルセデスベンツ Sクラス 新型】上野社長「利便性や安全性に寄り添った新技術を採用」 画像 【メルセデスベンツ Sクラス 新型】上野社長「利便性や安全性に寄り添った新技術を採用」
  • BMW日本法人社長「電動化戦略を加速」…フルEVの iX や i4 など発表へ 画像 BMW日本法人社長「電動化戦略を加速」…フルEVの iX や i4 など発表へ

特集

おすすめのニュース