[car audio newcomer]アキュラ TL by ゼプト 後編…低音が気に入ったブラム、純正システムを生かして

愛車のアキュラTLにオーディオのインストールを思い立ったオーナーの林さん。訪れた北海道のZEPTでスピーカー交換の相談をスタートさせ、候補にあがったのがブラム。純正のオーディオシステムを生かした高音質化のシステムアップがいよいよ始まった。

プロショップとの相談の中から
気になるスピーカーブランドを発見

オーディオ・イベントにクルマ好きの娘と出かけたのをきっかけに、愛車へのオーディオ・インストールを計画しはじめたオーナーの林さん。以前、もう一台の愛車であるインスパイアのサンフールをオーダーしたときからの付き合いがあったZEPTに出かけて、オーディオ・システムアップの相談をはじめた。

「オーディオをシステムアップするなら他とは違うスピーカーが欲しいと思っていました。ブランドなどの限定も特になく、ただ漠然と気に入った音のスピーカーが取り付けられれば良いなと考えていたんです」

ショップのスタッフからいろいろなスピーカーを紹介されたオーナー。その中にピンと来たブランドがあったという。

「それまではあまり知らなかったブランドなんですが、ショップで話を聞いているうちに興味を持ったのがブラムでした。高音質なのはもちろんなのですが、良く聴く音楽ジャンルがR&Bなのでしっかりとした低音が欲しいと思っていたんですが、そのニーズにぴったり合いそうだったのがブラムでした」

これまでノーマル状態で乗っていたアキュラTLだったが、いよいよオーディオのシステムアップに乗り出したオーナー。目的であった他と被らないブランドという点に加えて、好みのサウンドの方向性をショップに伝える中から出てきたスピーカー候補がブラムだった。

低音の豊かな再現力が気に入って
スピーカーをブラムに決めて取り付け開始

「オーディオを聴く上で、好きな音の傾向はドンシャリ気味でバンバン上も下も出る感じのサウンドです。ただし先にも話したとおり、低音の厚みは特に欲しいと思っていました」

サウンド的にはそんなニーズがあったオーナー。そんな前提条件の上でスピーカーの試聴を実施することにした。

「聴いてみると事前に説明があった通り、ブラムの低音の出方がすごく良いんです。ガンガン低音が鳴る感じが気に入りました。結局いろいろ聴いた中で、ブラムに決めたのはこの時の試聴で感じた低音の鳴りっぷりがポイントでした」

チョイスしたのはブラム・ライブシリーズの2ウェイであるL165S。薄型モデルで取り付け性にも優れているスピーカーだ。

オーナーのもうひとつの望みは純正システムを生かして高音質化することだった。アキュラTLには純正でパナソニックのELSシステムが搭載され、サラウンド再生も可能なシステム。このシステムをなんとか使えないかと模索したという。さらにアキュラTLをこよなく愛するオーナーなので、デザイン上もストックの状態もキープしたい。そんな2つの思いを込め、純正状態を生かした状態でシステムアップをオーダーすることになった。

「アキュラTLには純正状態でHDDも搭載されていたんです。それもうまく使えるようにしたかったんです。純正の内装イメージを崩すこと無く、純正システムをうまく活用したシステムが組めれば良いなと考えたんです」

前編でも紹介した通り、北米の地図を表示している純正ナビもあえて交換しないで使い続けているオーナーのこだわりは、純正オーディオにもおよび、純正のオーディオ・システムを活用しつつグレードアップを実施することになった。

愛車へインストールしたスピーカーは
デモボードで聴いたときと同じ高音質な仕上がり

ブラムのスピーカー・L165Sの取り付けをチェックしてみた。ツイーターはAピラーに砲弾型のブラケットを使って取り付け、ミッドバスはドア純正位置にインナー取り付けするスタンダードなインストールとした。シンプルな取り付けでアキュラTLのインテリアを邪魔しないのもオーナーの望みでもあった。そしてインストールが完成すると試聴を実施。はじめて音を聴いた瞬間からサウンドに対する満足度は高かったという。

「スピーカーを選ぶときにデモボードで聴いた音がクルマの中でも再現されていたのが良かったです。低音の厚みもあって、心地良いサウンドに仕上がっていたのが一番の満足点です」

オーディオ面ではこれで一段落したアキュラTL。その後も外装へのこだわりのドレスアップは現在進行形で続いている。

「ホイールもZEPTでお願いしたんです。これも他にはないデザインが欲しくてイギリスの3SDMをチョイスしました。アメリカのクルマにフランスのスピーカーとイギリスのホイールという組み合わせで、多国籍感があっても面白いでしょ」

オーディオのみならず、ますますクルマの進化に余念が無いオーナー。遊び心満点のパーツ選びを楽しんでいる様子だ。そんな愛車の進化に欠かせない存在になっているのがZEPTだ。オーディオはもちろん、クルマ関連の各種パーツまでの相談に乗ってくれる同ショップとはすっかり懇意な仲。今後もアキュラTLをオーナー流に育て続けていく予定だ。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

《土田康弘》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース