【ダカールラリー2021】ケビン・ベナビデスが初の総合優勝 二輪部門

サウジアラビアを舞台に開催されたダカールラリー2021が1月15日に終了。ワークスマシン『CRF450ラリー』に乗る、モンスター・エナジー・ホンダ・チームのケビン・ベナビデスが二輪車部門の総合優勝を獲得した。

また総合2位には昨年優勝のリッキー・ブラベックが入り、ホンダはダカールラリー2021で、1987年以来の1-2フィニッシュを飾るとともに、2年連続のダカールラリーの二輪車部門における総合優勝となった。

ベナビデスはアルゼンチン出身の32歳。2016年にホンダ・サウス・アメリカ・ラリー・チームからダカールラリーに初参戦し、総合4位を獲得。以降は、モンスター・エナジー・ホンダ・チームから参戦している。今年のダカールラリーでは、第5ステージで総合優勝を獲得し、総合成績でも首位に浮上。一旦は首位を明け渡したものの、第10ステージで再び首位に立つと、その後も安定した走りで首位を守り続け、自身初の総合優勝を飾った。

「世界一過酷なモータースポーツ競技」と言われるダカールラリーは1979年より開催。昨年から開催地をサウジアラビアに移し、今年で43回目になる。ホンダは1981年のパリ・ダカールラリー第3回大会から参戦。1986年に『NXR750』で優勝するとその後1989年まで4連覇を果たした。1990年から参戦を休止した後、2013年、当時は南米で開催されていたダカールラリーに『CRF450ラリー』で復帰。2020年に復帰後初の総合優勝を獲得している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース