5G時代の音環境改善アイテム『RAM-25』発売…電磁波吸収シート

イース・コーポレーションから、5G時代の音響用電磁波吸収シート「RAM-25」を、全国にある「車内空間の魔術師加盟店」を通じて12月3日(予定)より発売されることとなった。

RAM-25は、電子機器の放射ノイズを抑制する音響用の電磁波吸収シート(吸電シート)。電子化が進む近年の自動車は、ECU、オルタネーター、追尾用ミリ波レーダーをはじめ、多くの電子機器からの放射ノイズに包まれていて、車内でカーオーディオを楽しむためには、この電磁ノイズ問題の解決無くして達成されない。この電磁ノイズ問題の抑制は、カーオーディオ本来のポテンシャルを引き出し、車内の快適性向上にもつながっていく。

EMC対策製品であるRAM-25は、ノイズ発生源付近に貼り付けることでノイズを吸収し、音と音の隙間がしっかりと表現されるクリアな音色を実現する、柔軟で加工性に優れている耐水難燃の製品となっている。

※EMC(電磁両立性)とは、EMI(電磁妨害問題)とEMS(電磁妨害感受性問題)を両立させること
※RAMとは、Radar Absorbent Material(電波吸収材料)のこと

製品名:RAM-25
仕様:吸電シート 標準小売価格¥64,800(税別)/1枚あたり¥2,700(税別)
●サイズ:(幅×奥行×厚さ)330 × 250 × 2.5 mm(24枚入りバルクパック)●耐熱温度:107度●推奨取付箇所:ハイブリッドバッテリー、ドアトリム、ボンネット、ルーフ、フロア、トランク、電子機器、各種ケーブル

※裏面は粘着層になっており、鉄板や樹脂パーツ、木材などあらゆる素材に貼付可能。RAM-25 は車内空間の魔術師加盟店専売品となっており、お買い求めは全国の「車内空間の魔術師」 がいるお店へお気軽にお問い合わせください。

《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • [低音増強 大作戦]どんなボックスを作るべきか 画像 [低音増強 大作戦]どんなボックスを作るべきか
  • 5GとセルラーV2Xで自動運転車の合流を支援、実地検証に成功 ソフトバンクとスバル 画像 5GとセルラーV2Xで自動運転車の合流を支援、実地検証に成功 ソフトバンクとスバル
  • こんどは複数同時走行&ルート判別…5Gを活用した自動運転タクシー、東京新宿で実証実験へ 画像 こんどは複数同時走行&ルート判別…5Gを活用した自動運転タクシー、東京新宿で実証実験へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース