ホンダe、JIDAデザインミュージアムセレクション最高賞を獲得

ホンダが10月30日に発売した新型電気自動車(EV)『ホンダe』が、「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.22」にて、最高賞「ゴールドセレクション賞」を受賞した。

JIDAデザインミュージアムセレクションは、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育・産業・生活へ文化的貢献を行うことを目的とするもの。

ゴールドセレクション賞は、JIDAデザインミュージアムセレクションの中から、選定審査会によって選出されるもので、時代を反映し特に優れたデザインに対して与えられる賞。ホンダeは、2020年3月に受賞した「レッドドットデザイン賞」に続くデザイン賞の受賞となる。

審査委員の濱田秀之氏はホンダeについて、「現在、欧州を中心に各自動車メーカーからEVが発表されているが、過剰なキャラクターを持つデザインが多く見られる中、ホンダeはシンプルかつ愛嬌を感じさせるスタイリングとなっている。インテリアには、5枚のスクリーンをインストルメントパネルに搭載し、多くの情報が得られる一方、メーター表示類はシンプルにまとめている点も考えられている。EV時代の先駆けとなるデザインである」とコメントしている。

ホンダでは、ホンダeデザイナーによるトークイベントレポートを特設サイトにて公開。インテリアデザイナーの川合将人氏をゲストに迎え、これまでのクルマの概念や、新しいEVだからということに囚われず、「人のため」を考え抜き「人に愛される」デザインを検討し具現化していったアプローチを、エクステリア、インテリア、CMF(Color/Material/Finishing)各領域の担当者が語っている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダe、ドイツカーオブザイヤー受賞…日本車初 画像 ホンダe、ドイツカーオブザイヤー受賞…日本車初
  • ホンダe のデザインはどのようにして生まれたのか? “生活に溶け込む存在”にするための新たなアプローチ 画像 ホンダe のデザインはどのようにして生まれたのか? “生活に溶け込む存在”にするための新たなアプローチ
  • トヨタのハイブリッドミニバン、シエナ 新型…ファミリーグリーンカーオブザイヤー受賞 画像 トヨタのハイブリッドミニバン、シエナ 新型…ファミリーグリーンカーオブザイヤー受賞
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース