【マツダ MX-30】マツダに振り向かなかった、新しいユーザーを獲得していく

マツダは10月8日、新型コンパクトSUV『MX-30』を発売した。まず2リットル直噴ガソリンエンジンとマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたモデルを投入し、2021年1月にはバッテリーEVモデルも追加する。マイルドハイブリッドモデルの価格は242万円からとなっている。

MX-30はマツダの既存の『CX-30』と同じコンパクトSUVセグメントに属するが、MX-30のマーケティングを担当する国内営業本部ブランド推進部齊藤圭介主幹は「これまでにマツダに振り向かなかった新しいユーザー層を獲得し、ブランドの幅を広げていくための新商品、それがMX-30の位置づけ」とした上で、「CX-30とは異なるデザインテイストやユニークな装備を持った新たな選択肢を提供する」とまで言い切る。

そのCX-30との違いについて齊藤主幹は「例えば(観音開きの)フリースタイルドアは斬新な見た目で利便性もあり、色々な使い方を想起させるユニークな装備。もっと自由な発想でクルマを使いたいと願うお客様に向けて様々な使い方を楽しんで頂けるようにしている。またインテリアはコルクなどの自然素材へのこだわりや、人とクルマとのインタラクティヴな応答を意識した機能性など使う人の心を整えられる時間と空間を提供する」と解説。

またターゲットユーザーに関しては「多様性や変化を受け入れ、自由で遊び心があり、固定観念にとらわれないユーザー」とし、このため「マーケティングも従来とは異なるやり方でアプローチをし、新しいお客様に選んで頂けるようにしていく」と話す。

従来とは異なるやり方のひとつが価格設定だ。齊藤主幹は「もっと自由な発想でクルマを使いたい、モノ選びでは自分らしさを反映したいというお客様に向けて、ご自身の志向にぴったりのクルマをお選び頂ける新しい機種の体系を造った。価値や機能をまとめたパッケージオプションの組み合わせによって、お客様が真に必要とする機能や装備を独自に組み合わせて頂ける機種体系となっている」と話す。

そのMX-30マイルドハイブリッドモデルの機種体系は242万円の前輪駆動と265万6500円の2タイプのみ(100周年特別記念車は除く)。これにステアリングやシフトノブ本革巻きやアドバンストキーレスシステムなどを装備するベーシックパッケージを始め(価格7万7000円)や、12万1000円の安全装備パッケージ、8万6880円の360度ビューモニターなど8つのメーカーオプションパッケージが用意され、ユーザーの好みや予算に応じてカスタマイズできるようになっているというわけだ。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ MX-30】マルチソリューションを牽引する「MX」…竹内開発主査 画像 【マツダ MX-30】マルチソリューションを牽引する「MX」…竹内開発主査
  • マツダ CX-30 に250馬力の「2.5ターボ」、2020年内に米国発売へ 画像 マツダ CX-30 に250馬力の「2.5ターボ」、2020年内に米国発売へ
  • マツダ CX-30 で“大切な家族”とロングドライブ…愛犬と軽井沢へ 画像 マツダ CX-30 で“大切な家族”とロングドライブ…愛犬と軽井沢へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース