爆売れのLynk & Co「01」が初の大幅改良へ…コックピットが丸見え

中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)の電動車ブランド「Lynk & Co」初のクロスオーバーSUVとなった『01』。その改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

01は、傘下に収まるボルボの『XC40』とプラットフォーム「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を共有し、2017年に誕生した。同年11月に3日間のプリセールスイベントを開催し、最初の割当となる6000ユニットをわずか2分17秒で完売している。

捉えた改良新形プロトタイプは、フロントノーズ、ヘッドライト、バンパーなどを厳重にカモフラージュしている。市販型では新設計されたダイナミックなデザインが期待できそうだ。

キャビン内はカモフラージュが剥がされ、大型ディスプレイ、新デザインのギアシフター、エアコン・コントローラー、電動パーキングブレーキ、タッチコントロール付きステアリングホイールなどを確認することができる。

パワートレインは、中国仕様にハイブリッドと内燃機関モデルをラインアップするが、欧州ではハイブリッドとプラグインハイブリッドの電動化されたモデルのみ設定される予定。プラグインハイブリッドは80km(50マイル)のEV走行を実現する。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース