スパイカーが新型スポーツカー、『C8プレリエイター』…2021年から生産へ

スパイカー(Spyker)は8月28日、複数のパートナーと新たな提携を結び、2021年から新型スポーツカーの『C8プレリエイター』を生産すると発表した。

C8プレリエイターは、オールアルミ製スペースフレームの車台に、斬新なデザインのボディを載せた。ボディサイズは、全長4628mm、全幅1953mm、全高1202mm、ホイールベース2725mm。車両重量は1390kgだ。

パワートレインは、アウディ製の4.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンがベースだ。スーパーチャージャーで過給されており、最大出力525ps/6800rpm、最大トルク61.2kgm/3500rpmを引き出す。トランスミッションはゲトラグ製の6速MTまたはZF製の6速AT。0-100km/h加速3.7秒、最高速322km/hのパフォーマンスを可能にしている。

スパイカーは今回、複数のパートナーと新たな提携を結び、2021年からこのC8プレリエイターを生産すると発表した。新たなパートナーとなったのは、SMPレーシングとBRエンジニアリング、SMPレーシングモナコ、ルクセンブルグのMilan Morady 、ドイツのR-カンパニーだ。

中でも、Rコンパニーは、自社にカーボンファイバー製造施設を持ち、スポーツカーのチューニング市場において、20年以上の経験を持つ、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース