電気バスを活用したV2Xシステム、東電エナジーが運用を開始

東京電力エナジーパートナーは8月31日、スポーツクラブ事業を展開するルネサンスとともに、災害時に建物の照明や給水の非常用電源として電気バスを活用するV2Xシステムを、9月1日から運用開始すると発表した。

電気バスを照明に加え、給水も含めた多様な電源にも使用するV2Xシステムは、国内で初めて。

スポーツクラブ&スパルネサンス稲毛24(千葉市稲毛区)にクラブ送迎用の電気バス1台を導入する。東電エナジーは、EV充放電器・蓄電池・20kWの太陽光発電で構成するV2Xシステムを設置し、エネルギーマネジメントを実施する。

平常時は、電気バスを送迎用バスとして使用する。蓄電池や太陽光発電と連携して充放電してピーク時の施設の電源としても使用して電力を有効活用する。停電時には、蓄電池や太陽光発電に加えて、電気バスのバッテリーも非常用電源システムとして利用し、一部の照明やコンセントの電源、給水ポンプの電源として活用する。

施設は、太陽光発電設備と電気バスを含む複数台の蓄電池・充放電器を組み合わせることで、最大50kWの放電が可能。これによって給水ポンプ、井戸水ポンプの電源も使用可能となり、停電時や断水時でも施設内のトイレや水道を利用できる。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース