煉瓦アーチの高架線路下に『日比谷OKUROJI』開業…当初は30店舗 9月10日、有楽町-新橋間

『日比谷OKUROJI』の内観イメージ
  • 『日比谷OKUROJI』の内観イメージ
  • 『日比谷OKUROJI』の外観イメージ
  • 新橋、銀座、有楽町との回遊性が高い箇所に立地する『日比谷OKUROJI』の所在地(東京都千代田区内幸町1丁目7番1号)
  • レンガ製高架橋が持つ美しいアーチ形状をイメージしたという『日比谷OKUROJI』のロゴマーク。その名は「銀座・日比谷の『奥』という立地に、『路地』という施設性を加えることで密かな穴場感を醸成する」という意味がある。
  • 完成当初の煉瓦アーチ高架橋。
  • 日比谷OKUROJI:水野染工場
  • 日比谷OKUROJI:水野染工場
  • 日比谷OKUROJI:NIIGATA 1○○

JR東日本東京支社とジェイアール東日本都市開発は8月24日、新型コロナウイルスの感染拡大により開業が遅れていた有楽町~新橋間の煉瓦アーチ高架橋下商業施設『日比谷OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)』(OKUROJI)を、9月10日11時に開業させると発表した。

OKUROJI上の高架橋は、明治時代末期の1910年に造られたアーチ状のレンガ製「内山下町高架橋」。東海道本線と東海道新幹線の高架橋が一体化しており、西側がJR東日本、東側がJR東海の用地となっている。

高架下の面積は約1万平方mで、このうちOKUROJIに充てられる面積は約7200平方m。ここには日比谷側への出入口が5か所設置され、レンガ製高架橋の美化・整備も合わせて実施される。

OKUROJIの入居規模は約50店舗だが、当初は物販・食物販店舗14、飲食店舗16の計30店舗が入居。2020年度冬頃までにはさらに6店舗が入居する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース