三菱自動車、欧州市場への新型車投入を凍結

欧州市場でも販売している三菱アウトランダーPHEV
  • 欧州市場でも販売している三菱アウトランダーPHEV
  • 三菱ミラージュ(UK市場)

三菱自動車は7月27日、欧州向け新商品の投入を凍結すると発表した。新中期経営計画「スモール・バット・ビューティフル」に盛り込んだ。

同社は業績不振を受けて策定した新しい中期経営計画で「選択と集中」を徹底することにした。集中する市場はシェアの高いASEANとする一方で、競争が激しく成長が見込めない欧州事業を段階的にに縮小する。

欧州市場向け新商品の投入を停止し、排ガスなどの環境規制に適合しなくなるモデルの販売を取り止めるため、事実上、欧州市場から撤退することになる。アフターサービスは継続する。

同社の欧州での2019年度の販売台数は21万5000台だった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自動車、アセアン・環境対応車に経営資源を集中---新中期経営計画発表 画像 三菱自動車、アセアン・環境対応車に経営資源を集中---新中期経営計画発表
  • 三菱自、2021年度上期にパジェロ製造を閉鎖…かつてはホンダのシティカブリオレも受託生産 画像 三菱自、2021年度上期にパジェロ製造を閉鎖…かつてはホンダのシティカブリオレも受託生産
  • 三菱自 加藤CEO「2021年度にかけて エクリプスクロスPHEV や アウトランダー 次期型を投入」 画像 三菱自 加藤CEO「2021年度にかけて エクリプスクロスPHEV や アウトランダー 次期型を投入」
  • 三菱自 加藤CEO「選択と集中の中期計画に不退転で」…第1四半期営業損益は533億円の赤字 画像 三菱自 加藤CEO「選択と集中の中期計画に不退転で」…第1四半期営業損益は533億円の赤字

特集

おすすめのニュース