トーヨータイヤ、トラック・バス複数台のタイヤ摩耗状態をAIで推定

メンテナンス・ソリューションの概念図
  • メンテナンス・ソリューションの概念図

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、トラック・バス用タイヤの状態変化をはじめ、走行環境情報を自動的に収集し、蓄積するシステムを開発。収集したデータに個々のタイヤの既定情報や天候データなど外部情報を加え、AIを駆使して、タイヤの使用(摩耗)状態を推定するモデルを構築したと発表した。

運輸業界では、1~3か月ごとに、人が計測機器を用いて1本ずつタイヤの溝の深さを測定して摩耗を点検。保有する複数台数の車両について、それぞれ異なる運行状況を適正に把握し、よりこまめな点検を遂行するため、社内や社外のリソースを投入している。

今回開発したトラック・バス用タイヤ情報自動集積システムは、ホイールに装着したセンサー(TPMS)によって、空気圧や内部温度といったタイヤの状態をデータとして自動収集。また、GPSによって得られる位置情報や車両の加速度情報などと合わせて、リアルタイムでクラウドに蓄積する。

トラック・バス用タイヤ使用(摩耗)状態推定モデルは、同システムに蓄積されたデータをもとに、タイヤそのもののマスター情報をはじめ、外部データベースから取得した天候データなどを統合するとともに、AI技術を用いてデータを解析。運行状況によって異なる各運輸車両のタイヤの摩耗進行度合いを、個別に実測することなくデジタル環境の中で推定できるモデルを構築した。

同社は今後、これを運輸事業向けのビジネスモデルとして構築し、タイヤメーカーならではのメンテナンス・サポートの確立を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ブリヂストンとJAL、タイヤ摩耗予測技術を活用し航空機整備作業を効率化 画像 ブリヂストンとJAL、タイヤ摩耗予測技術を活用し航空機整備作業を効率化
  • ZF、新型のタイヤ摩耗テスターを開発…高周波レーザー測定が可能 画像 ZF、新型のタイヤ摩耗テスターを開発…高周波レーザー測定が可能
  • 耐摩耗性能とウェット駆動力を両立したトラック・バス用タイヤ、トーヨータイヤが発売へ 画像 耐摩耗性能とウェット駆動力を両立したトラック・バス用タイヤ、トーヨータイヤが発売へ
  • ブリヂストン、大型バス専用タイヤ「エコピアR241」発売へ 優れた低燃費/耐偏摩耗性能を両立 画像 ブリヂストン、大型バス専用タイヤ「エコピアR241」発売へ 優れた低燃費/耐偏摩耗性能を両立

特集

おすすめのニュース