ホンダ、中国CATL社と電動車用バッテリー共同開発へ アライアンス契約締結

ホンダと中国・寧徳時代新能源科技(CATL)は、新エネルギー車用バッテリーに関する包括的戦略アライアンス契約を締結し、電動車普及加速に向けたパートナーシップを強化すると発表した。

CATLは、新エネルギー車用バッテリーシステムおよびエネルギー貯蓄システムを開発し、新エネルギー車の運用に向けた最適なソリューションをグローバルに提供している。一方、ホンダは電動車開発にて、グローバルでの電動化に向けた取り組みを加速している。

今回の包括的戦略アライアンス契約は、バッテリーの共同開発、安定供給、リサイクルとリユースの幅広い領域が対象。ホンダは、CATLの第三者割当増資の引き受けを行うことで、CATL株の約1%の株式を取得。これにより、ホンダはCATLのトップ戦略パートナーとなり、商品競争力およびコスト競争力のあるバッテリーを安定的に確保。CATLは今回の増資を通じてバッテリー開発強化および生産能力をさらに拡大していく。

ホンダとCATLは今後、両社技術を持ち寄った新エネルギー車用バッテリーの共同開発および、将来基礎技術の共同研究を進めていく。CATLはホンダ向けに電気自動車(BEV)を中心とした新エネルギー車向けバッテリーの安定供給を実現し、2022年目途に中国生産モデルへの供給開始を予定。将来的にはグローバルでの展開も視野に検討している。また、両社は将来を見据えたバッテリーリサイクルおよびリユースに向けたスキーム構築の領域でも今後協議を開始していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース