トヨタ、コンパクトSUV『カローラ クロス』をタイで世界初公開 導入国を順次拡大

トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ カローラ クロス

トヨタ自動車は7月9日、カローラシリーズのコンパクトSUV『カローラ クロス』をタイで初公開し、販売を開始した。

カローラシリーズは、1966年に日本で初代を発売して以降、世界150以上の国と地域で累計4800万台以上を販売してきたトヨタのグローバルベストセラーカーだ。今回、世界的に需要が高まっているSUVをシリーズに追加。ユーザーのライフスタイル・ライフステージに合わせて選択できるラインアップとした。

カローラ クロスは、「COROLLA MEETS SUV」をキーワードに、ユーザーの期待を超える「車格感(力強さを感じさせる外観)」+「ユーティリティ(使い勝手の良さ)」の両立を目指し開発。TNGAプラットフォーム(GA-C)や新型トーションビームサスペンションなどの採用により、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現している。

エクステリアは、スペースと車格を感じる伸びやかなサイドビュー、堂々としたフロント・リヤの構えで、力強さの中に艶やかな質感・洗練された気品あるデザインとした。また、力強いFRフェンダー造形で、アクティブな雰囲気を演出。RRフェンダーとキャビンとのコントラストにより、堂々としたスタンスを表現している。

インテリアは、見晴らしの良い空間と、充分なヘッドクリアランスを確保するとともに、高いアイポイントにより広い視界を実現。ラゲージスペースは487リットル(パンク修理キット/テンパータイヤ非搭載時)とクラストップレベルの荷室容量を確保したほか、子どもを抱えての乗降を想定し、後席は広い開口としている。

ラインアップは1.8リットルガソリンモデルに加え、ハイブリッド仕様も用意する。トヨタ自動車では今後、カローラ クロスの導入国を順次拡大していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ CX-30 まとめ】美しく、程よい大きさのSUV…価格やサイズ、試乗記 画像 【マツダ CX-30 まとめ】美しく、程よい大きさのSUV…価格やサイズ、試乗記
  • 【プジョー リフター 新型試乗】ベルランゴより“SUVテイスト”色濃く、走りにも意外な違い…内田俊一 画像 【プジョー リフター 新型試乗】ベルランゴより“SUVテイスト”色濃く、走りにも意外な違い…内田俊一
  • 【アウディ Q3 新型】初のコンパクトクロスオーバーSUV「スポーツバック」も設定 価格は438万円より 画像 【アウディ Q3 新型】初のコンパクトクロスオーバーSUV「スポーツバック」も設定 価格は438万円より
  • トヨタの新型SUV『ライズ』、2020年上半期新車登録ランキングでトップ 画像 トヨタの新型SUV『ライズ』、2020年上半期新車登録ランキングでトップ

特集

おすすめのニュース