ニュル最速の7シーターSUV「コディアックRS」が大幅改良へ…初のPHEVも

VWグループであり、チェコを拠点とするシュコダのクロスオーバーSUV『コディアック』に設定される最強グレード、『コディアック RS』改良新型プロトタイプを初めて捉えた。

ベースとなる「コディアック」は、VWの「MQB」アーキテクチャを採用し、2016年のジュネーブモーターショーでデビュー。2018年に「RS」が設定された。現行型はニュルブルクリンクで9分29秒84を記録し、「ニュル最速の7シーターSUV」の称号を獲得している。

オーストリアで捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュ。ハロゲンヘッドライトが埋め込まれているが、市販型ではグラフィックを変更するとともに、『オクタビア』第4世代から流用される最新のLEDマトリクスヘッドライトへ変更されるだろう。

またフロントバンパーのコーナーエアインテークも隠されているが、市販型では追加されるほか、テールライトのグラフィックも今後リフレッシュされることが濃厚だ。

キャビン内では、最新のインフォテイメント・ディスプレイを装備、ボタンやスイッチ類が刷新される。

パワーユニットも刷新される。最高出力200psを発揮するVWグループの2.0TDI Evoディーゼルユニットが追加されるほか、VW『パサートGTE』から流用されるプラグインハイブリッドが設定される。これは直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」に最高出力115hpも電気モーターを組み合わせ、システム合計で218hpを発揮、6速デュアルクラッチ「DSG」と13kWhバッテリーパックが組み合わされる。EV航続距離は50km以上が期待できそうだ。

コディアックRS 改良新型のワールドプレミアは、今年後半と予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース