BMW、電動化をテーマに「フューチャーフォーラム」をデジタル開催 5-6月

BMWワールドで開催される「フューチャーフォーラム」
  • BMWワールドで開催される「フューチャーフォーラム」
  • BMWワールドで開催される「フューチャーフォーラム」
  • BMWワールドで開催される「フューチャーフォーラム」
  • BMWワールドで開催される「フューチャーフォーラム」

BMWグループ(BMW Group)は5月19日から、ドイツの「BMWワールド」において、電動化をテーマにした「フューチャーフォーラム」をデジタル開催すると発表した。

まずは5月19日の現地時間19時から、「バッテリーの寿命」をテーマにしたフューチャーフォーラムを開催。どのように電気エネルギーが、バッテリーに蓄電されるかについて、議論を行う。電池の研究、開発、リサイクルの専門家が出席し、原材料の抽出から電池の製造、使用からリサイクルまで、バッテリーのライフサイクルのさまざまな段階を紹介する。

5月28日には、「パワートゥゴー」をテーマに、充電インフラに焦点を当てたフューチャーフォーラムを開催する。今後1~2年で、充電インフラはどのようになるのか、また、5~10年後はどうなるのか、エネルギーマネジメントや充電インフラ、充電テクノロジーの分野の専門家がパネルディスカッションを行い、質問にも答える。

6月3日は「未来を取り戻す」がテーマ。未来の都市において、持続可能な電力をいかに蓄えることができるかについて考え、太陽光発電所と風力タービンだけでは不充分な理由などについて、議論を行う。電力網の一部になる可能性のある電気自動車にも、焦点を当てる予定だ。

6月23日には、「電動化のサウンドスケープ」をテーマに掲げ、パフォーミングアートで知られるレンツォ・ヴィターレ氏を招いて行う。都市や車、音楽などの新しいテクノロジーは、どのように音を変えるのか。ベルリン工科大学のブリジット・シュルテフォートカンプ教授などの専門家による示唆に富むプレゼンテーションを行う、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース