50プリウスをフェラーリ風に…山口県のチューナー・アルバーモから最新カスタム

山口県を拠点とし、コンプリートカーを始めホイールや塗装、ラッピング施工など幅広いカスタムを提供してくれるチューナーの「Albermo」(アルバーモ)が、最新カスタムキット発売した。

それが『プリウス』をフェラーリ『ポルトフィーノ』風にカスタムした「アルバーモSP42」だ。コンプリートカーとしても購入できるが、パーツでの入手も可能となっている。

ボディセンターには、イタリアンカラーの赤・白・緑のストライブ(イタリア国旗とは逆)をあしらい、エンブレムは跳ね馬の代わりに山口県鳥である鶴をモチーフにしたデザインが用いられ、遊び心満載だ。

さらにポルトフィーノを彷彿させるブラックアウトグリル、バンパーのエアインテーク、リアデュフューザーやバンパー、ホイールのセンターにもロゴを入れるなどなどフェラーリ(的な)気分を高めてくれる。

パーツ価格は、フロントバンパーが10万8千円、リアハーフスポイラーが7万8千円、コンプリートカーでは、前後ボルクレーシングホイール、ダウンサス、ナビゲーションなど装備で350万円とかなりリーズナブルだ。

《Spyder7 編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース