ヤマハ トリシティ155、青いホイールがクールな新色設定…2020年モデル

ヤマハ発動機は、高速道路も走行できるフロント二輪のLMWモデル『トリシティ155 ABS』のカラーリングを変更し、2020年モデルとして5月15日に発売する。

トリシティ155 ABSは「もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たす New Standard City Commuter」をコンセプトに開発。LMWテクノロジーによる安定感のあるコーナリングと上質なクルージング性能を兼ね備え、通勤からツーリングまで幅広いシチュエーションで新しいライディングの楽しさを味わえるモデルだ。

新色はスポーティな印象のグレー。ホイールにブルーのアクセントを配してフロント二輪を強調しつつ、軽快に街中を駆け回るアクティブなイメージのカラーリングとした。現行のホワイトとマットグレーは継続販売する。

価格は48万4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース