車内販売や新幹線「グランクラス」の営業を中止…観光列車や定期列車もさらに減便へ JRの新型コロナウイルス対応

東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。5月まで新規の発売が見合せとなる。
  • 東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。5月まで新規の発売が見合せとなる。
  • 普通列車グリーン車の車内販売も5月まで休止に。
  • 4月から運行を開始する予定だったJR東日本のSL列車も、5月までの運休が決まった。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月7日、ついに政府から緊急事態宣言が発令されたが、JR各社でもさらにサービスの中止や運休措置が発表されている。

JR北海道、JR東日本、JR西日本の3社では4月8日、北海道・東北・上越・北陸新幹線で営業している「グランクラス」の発売を、4月9日から5月31日まで見合わせると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大によりアテンダントによる飲料・軽食サービスを中止することによる措置。

すでに切符を持っている場合、飲料・軽食サービスが行なわれない仙台発着の『はやぶさ』『やまびこ』についてはそのまま利用できるが、それ以外の列車については通常のグリーン車へ変更をお願いするとしている。この場合、差額が払い戻される。

また、JR東日本とJR西日本では、列車内の車内販売中止もアナウンスしており、JR東日本が運行している伊豆方面の『サフィール踊り子』についてはカフェテリアの営業を中止し、事前注文を受けている商品についても提供せず、無手数料で払い戻しするとしている。

JR東日本の観光列車やイベント列車の、いわゆる「のってたのしい列車」については、群馬ディスティネーションキャンペーンにちなんで運行されるSL列車や、磐越西線の『SLばんえつ物語』などを含み、4月10日から5月31日まで延べ1000本が運休となる。

一方、JR九州では減便列車の追加が発表されており、4月11日から5月10日まで『九十九みどり』『ソニック』『にちりん』『かいおう』といった臨時・定期特急合計84本がさらに運休。鹿児島本線の快速列車や筑豊本線の普通列車が同期間に合計238本運休することも決まった。このほか、すでに発表されている列車も最大で5月10日まで運休期間が延長される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース