VW、充電ステーション検索アプリがAndroid Autoに対応

EasyEV使用画面イメージ
  • EasyEV使用画面イメージ
  • EasyEV使用画面イメージ
  • EasyEV使用画面イメージ
  • EasyEV使用画面イメージ
  • EasyEV使用画面イメージ
  • EasyEV使用画面イメージ

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、充電ステーション検索アプリ「EasyEV」の機能を一部アップデート。Android Auto対応とし、4月8日より提供を開始した。

EasyEVは、フォルクスワーゲン(VW)の電気自動車(EV)『e-ゴルフ』、プラグインハイブリッド車(PHEV)『ゴルフGTE』、『パサートGTE』、『パサートGTE ヴァリアント』、合計4車種向けに2018年より提供を開始。現在地付近や目的地周辺の充電ステーションを検索できる。また、急速充電器の有無、無料、いつも使っている充電ステーション等、条件検索やマイリストの作成も可能。充電ステーション(一部)の満空状況、現在地からの距離表示、24時間営業、検索先の使用状況、現在地からの距離表示などをリアルタイム情報に基づいて表示できる。

これまではスマートフォンなどの端末でのみ利用可能だったが、今回のアップデートによりAndroid Autoに対応。VW純正インフォテイメントシステムのディスプレイ上にEasyEVを表示し、操作できるようになった。

これにより、充電ステーション検索も最新データに基づいた満空情報もより見やすく確認できる。さらにボイスコントロール機能も追加し、ボタン1つで充電ステーションの検索が可能。Googleマップとの連動により、指定した充電ステーションまでのナビゲーションによる案内機能も利用できるようになった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース