テスラEV世界販売40%増、モデル3 とモデルY が貢献 2020年第1四半期

テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルX
  • テスラ・モデルS

テスラ(Tesla)は4月2日、2020年第1四半期(1~3月)の世界新車販売(納車)台数を発表した。

同社の発表によると、2020年第1四半期の世界販売(納車)台数は、第1四半期としては過去最高のおよそ8万8400台。前年同期に対して、40.3%増と大幅な増加となった。

全販売台数8万8400台のうち、セダンの『モデルS』とクロスオーバー車の『モデルX』は、合計で1万2200台を納車した。前年同期比は0.8%増とプラスに転じた。一方、新型コンパクトEVの『モデル3』と『モデルY』 は第1四半期、およそ7万6200台を顧客に引き渡した。前年同期比は49.7%増と伸びている。

また、第1四半期の生産台数は、前年同期の2.2倍のおよそ7万7100台。その内訳は、モデル3とモデルYが合計で前年同期比38.6%増の8万7282台、モデルSとモデルXが合計で、8.7%増の1万5390台だった。

テスラの2019年の世界新車販売台数は、過去最高のおよそ36万7500台だった。前年実績の24万5240台に対して、49.8%増と大きく増える。大幅増に貢献したのはモデル3だった。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダとGM、新型EVを共同開発へ…GMの次世代プラットフォームとバッテリーを活用 画像 ホンダとGM、新型EVを共同開発へ…GMの次世代プラットフォームとバッテリーを活用
  • VW up!改良新型、2台に1台がEVに…需要がドイツで急増 画像 VW up!改良新型、2台に1台がEVに…需要がドイツで急増
  • トヨタ×BYD、EVの研究開発合弁会社を発足 画像 トヨタ×BYD、EVの研究開発合弁会社を発足
  • 再生可能エネルギー発電事業を推進する「トヨタグリーンエナジー」を共同設立…トヨタ、中部電力、豊田通商 画像 再生可能エネルギー発電事業を推進する「トヨタグリーンエナジー」を共同設立…トヨタ、中部電力、豊田通商

特集

おすすめのニュース