フィアット 500 新型にもやっぱりハードトップはあった…価格は少しだけお手頃に?

フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)

フィアット『500』の新型がオープン4シーターEVとして発表され衝撃を与えたばかりだが、そのハードトップ版も設定されることが確実となった。

新型500は、従来の500らしさを継承しつつも全く新しいプラットフォーム上にゼロから構築された。公開された新型は折りたたみ式のルーフを備えているが、今回捉えたプロトタイプ車両は、ハードトップルーフに変えられ、リアにはスタイリッシュでコンパクトなスポイラーを装備している。

LEDヘッドライトやグリルレスのフロントエンドなどは、ほぼ同じデザインが採用されているようだ。

EVパワートレインは、オープン仕様と共通だ。最高出力118hpを発揮するモーターを搭載し、0-50km/h加速3.1秒、0-100km/h加速9.0秒、最高速度150km/hでリミッターが作動する。42kWhのリチウムイオンバッテリーは1回の充電により、ユーロ仕様のWLTPサイクルで、最大199マイル(320km)の航続距離を実現。また85kWhの充電器を使用した場合、35分で80%の充電を完了する。

ハードトップ版の新型500は、ソフトトップよりも手頃な価格になると期待されており、3万2000ユーロ(約380万円)から3万7350ユーロ(約444万円)と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース