トヨタ、人間を理解し予測するAIツールを開発へ…新組織を米国に設立

トヨタのTRIの新組織「Machine Assisted Cognition(MAC)」のシニアディレクターに起用されたフランツィスカ・ベル氏
  • トヨタのTRIの新組織「Machine Assisted Cognition(MAC)」のシニアディレクターに起用されたフランツィスカ・ベル氏
  • TRIで開発中の自動運転車

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は3月25日、人間を理解および予測できる人工知能(AI)ツールを開発・実証するための新しい組織「Machine Assisted Cognition(MAC)」を米国に設立した、と発表した。

TRIは2016年、米国に設立された。AI技術の研究と開発を行っている。TRIの使命は、AIやロボティクス、自動運転など、さまざまな領域において、基礎研究と製品開発の橋渡しをすることにある。

新組織のMACではまず、基本的な機能を構築してテストする。多くの異なるビジネス機能に向けて、広く利用できるソリューションを開発するのが狙いだ。コンセプトを立ち上げたら、MACは、販売、製品計画、エンジニアリング、R&Dなど、組織のさまざまな部分におけるトヨタユーザーのニーズをサポートできる機能を探っていく。

TRIは、MACプログラムを管理するシニアディレクターとして、フランツィスカ・ベル氏を起用した。TRIは、MACが人間の行動のより深い部分を理解し、社会をより良くすることを目指す、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース