豊田通商、北米でMaaS事業を展開するカナダ・ベロシア社に出資

モビリティアプリ「ベロシア」
  • モビリティアプリ「ベロシア」

豊田通商は、海外子会社である豊田通商カナダ(TTCI)が、MaaSエコシステムを北米主要都市に提供しているカナダ・ベロシア社へ出資を行ったと発表した。

ベロシア社のモビリティアプリ「ベロシア」は、公共交通機関をはじめとするさまざまなマルチモーダル交通サービスの利用にリワード(報酬)を与え、通勤などで自家用車以外の交通手段を選択することを促し、都市部の交通渋滞緩和を目指すシステムだ。

TTCIは次世代モビリティに向けた取り組みを推進しており、2018年以降ベロシア社の取締役会を顧問の立場でサポートするなど、同社との協業を進めてきた。ベロシア社との今後の協業により、都市交通の最新技術やイノベーションの現場への関与や、北米で急成長を遂げているMaaS産業のさらなる知見獲得を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース