芸備線東城-備後八幡間でワンマン列車が脱線・横転、燃料漏れも 3月9日

芸備線(資料画像)
  • 芸備線(資料画像)

広島県内の芸備線東城(とうじょう)~備後八幡(びんごやわた)間で3月9日、列車の脱線・横転事故が発生した。芸備線は3月10日も東城~備後落合間の運行を終日見合わせており、代行輸送を実施している。復旧までは数日を要する模様。

JR西日本が3月9日に発表した情報によると、事故が発生したのは新見5時18分発備後落合行きのワンマン列車(1両)で、東城駅(広島県庄原市)を5時46分に発車後、線路脇斜面からの土砂流入を確認。非常ブレーキを作動させたものの間に合わず、脱線・横転した。幸い、乗客はなく、乗務員にも怪我はなかったという。

また、同日15時40分頃には、事故現場付近の住民から脱線・横転した車両から燃料漏れが発生しているという通報を受けている。車両の位置から15mほど離れた地点を流れる成羽(なりわ)川に燃料の軽油が流出しており、その量は約200リットルであることが判明しているが、最終的な流出量は不明としている。

これを受けてJR西日本では、吸着マットを使って漏れた燃料を吸い取る作業を行なうとともに、成羽川にオイルフェンスを設置したとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース