新興国でMaaS事業を推進 豊田通商が公共交通データプラットフォーマーに出資

豊田通商は3月9日、新興国でのモビリティサービスやMaaS事業を推進するために、南アフリカを拠点に新興国39都市で公共交通データプラットフォーム事業を展開する英国のウェア・イズ・マイ・トランスポート(WIMT)に出資して業務提携を締結したと発表した。

豊田通商は今回の出資で、アフリカ地域の新興国などでは公共交通機関が未発達で、多くの人が、パラトランジットと呼ばれる個人事業者が運行するミニバスなどの「補助的な公共交通」に頼っている。こうしたインフォーマル交通は行政機関でも実態の把握が難しく、都市全体における移動効率低下や安全性に課題がある。

WIMTは、スタートアップ企業でデジタル技術を活用した独自のアプローチにより全ての公共交通に関する交通データを収集・見える化し、新興国特有の交通環境に対応した公共交通データプラットフォームとして提供している。交通アクセシビリティの改善や安全で効率的な移動サービスの発展、社会課題の解決に取り組んでいる。

豊田通商はWIMTが提供する公共交通データプラットフォーム事業の開発を支援するとともに、事業ノウハウやグローバルなネットワークを活用してモビリティサービスやMaaSの新興国への展開を加速する。また、事業推進により、MaaS事業を通じた新興国における持続可能な都市交通実現と、社会課題解決への貢献を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース