ヤマハ MT-10 / MT-07 も新色ブルー追加へ…YZF-R1とのリレーションカラー

ヤマハ MT-10 ABS(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
  • ヤマハ MT-10 ABS(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
  • ヤマハ MT-7 ABS(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
  • ヤマハ MT-7 ABS(マットダークグレーメタリック6)
  • ヤマハ MT-7 ABS(マットダークグレーメタリック6)
  • ヤマハ MT-7 ABS(マットダークグレーメタリック6)
  • ヤマハ MT-7 ABS(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
  • ヤマハ MT-7 ABS(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
  • ヤマハ MT-7 ABS(ディープパープリッシュブルーメタリックC)

ヤマハ発動機は、スーパーネイキッドモデル『MT-10 ABS』および『MT-07 ABS』のカラーリングを変更し、2020年モデルとしてMT-07を3月28日に、MT-10を5月28日に発売する。

今回のカラーリング変更では、2月25日に発売した『MT-09 ABS』同様、新色「ブルー」を追加。同社スーパースポーツのフラッグシップモデル『YZF-R1』2020年モデルとのリレーションを高めるため、ヤマハレーシングブルーをベースにマットグレーを組み合わせ、ダイナミックかつスポーティなカラーリングとした。

なお、「マットライトグレー」と「マットダークグレー」、上級仕様の『MT-10 SP ABS』の「シルバー」は継続して販売する。

価格はMT-10 ABSが170万5000円、MT-10 SP ABSが203万5000円、MT-07 ABSが79万2000円。

ペットのリアルを伝えるメディア 「REANIMAL」(リアニマル)誕生

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース