鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎ、一部施設を3月1日から休園…新型コロナウイルス感染拡大を受けて

「鈴鹿」と「もてぎ」にも、社会情勢の影響が出てきている。
  • 「鈴鹿」と「もてぎ」にも、社会情勢の影響が出てきている。
  • 鈴鹿サーキット「モートピア」のene-1(資料画像)。
  • 鈴鹿サーキット「モートピア」のプッチグランプリ(資料画像)。
  • ツインリンクもてぎ「Honda Collection Hall」(資料画像)。
  • ツインリンクもてぎ「モビパーク」のドリフトS(資料画像)。

鈴鹿サーキット(三重県)とツインリンクもてぎ(栃木県)を運営する「モビリティランド」は2月28日、双方の一部施設を3月1日から休園すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けての措置。

鈴鹿サーキットでは、ゆうえんち「モートピア」(サーキットチャレンジャー含む)が臨時休園となる。営業再開日は3月16日を予定しているが、今後の社会状況の変化等に応じ、営業再開等についてはあらためて告知するとのこと。国際レーシングコースや交通教育センター、鈴鹿サーキットホテルについては内容を一部変更して、3月1日以降も営業を継続する。

なお、3月7~8日に開催が予定されていた「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」は既に中止が発表されている(既報)。

ツインリンクもてぎに関しては「モビパーク」「ハローウッズ」「Honda Collection Hall」が臨時休園に。こちらも3月16日が現段階での営業再開予定日ではあるが、やはり社会状況全般の変化に応じての流動的判断、というかたちが採られる。国際レーシングコース、アクティブセーフティトレーニングパーク、ホテルツインリンク、森と星空のキャンプヴィレッジは3月1日以降も一部内容変更による営業継続となる。

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース