Yahoo!カーナビが、駐車場予約サービス『akippa』との連携をスタート…うろつき抑制

あらかじめ駐車場を予約しているので、安心して目的地へと向かうことができる
  • あらかじめ駐車場を予約しているので、安心して目的地へと向かうことができる
  • 2月25日より利用開始となったYahoo!カーナビのakippa予約サービス
  • Yahoo!カーナビでの駐車場予約サービスの使用方法

無料で利用できるカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」は、2月15日より駐車場予約サービスで「akippa」との連携を開始した。これにより、渋滞の要因とされる駐車場を探して走り回る、いわゆる“うろつき交通”の減少につなげていく。

Yahoo!カーナビでは開発当初より渋滞の削減を目指してきており、この“うろつき交通”によって発生する渋滞を以前から問題視していた。Yahoo!カーナビでは当初よりタイムズやリパーク、名鉄協商などの満空情報提供していたが、実際は向かっている間に埋まってしまうこともあるし、情報が反映するまでに多少の時間差が生まれることもあった。

そこで次のステップとして駐車場の予約サービスを目論むが、これを市街地で実現しようとしても、「駐車場の経営側からすれば回転率重視という考え方もある上に、利用者側にも駐車場を予約するという習慣が根付いていない」と、以前の取材でYahoo!カーナビのサービスマネージャー齋藤聖隆氏は答えていた。

しかし、Yahoo!カーナビではまず、2019年6月にソフトバンクが提供するパーキング・シェアリングサービス「BLUU Smart Parking」でこれを実現。登録済みの駐車場を予約できるようにした。そして、今回のakippaとの連携によって、予約可能な駐車場の拠点数は大幅に増加することになるわけだ。

今回、新たに追加した駐車場予約サービスの使い方はとても簡単だ。「Yahoo!カーナビ」アプリの「目的地検索する」をタップし、ジャンルの後で駐車場を選択。そこで現れた「予約駐車場」から予約したい駐車場を選ぶとakippaの予約サイトへ飛び、ここで予約をするだけだ。なお、この予約サービスを利用するには会員登録した上でログインする必要がある。

今回の駐車場予約サービスの実現は、akippaが提供していた予約サービスを活用したものだが、利用者が多いYahoo!カーナビでこのサービスが使えることにこそ意味がある。この実現が市街地での利用につながることで、“うろつき交通”の低減に大きな効果を発揮することを祈念したい。

《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース