2021年デビューするクルマはこれだ! 来年の新車情報をフライングスクープ

日産アリア・コンセプト(東京モーターショー2019)
  • 日産アリア・コンセプト(東京モーターショー2019)
  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • 『ベストカー』2月10日号

『ベストカー』2月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:420円(本体382円+税)

2月10日号の目玉特集は、『ベストカー』のお家芸「新車スクープ」だ。新年にありがちな2020年の新車スクープ情報ではない。なんと、編集部が総力を上げて調べ上げた2021年の新車情報だ。あまりにも気が早いが、1年なんてあっという間。知っておいて損はない。

年が明けた1月は、各誌その年の新車の詳細情報やスクープ、誌上ライバル対決などその年1年にフォーカスする傾向だ。が、しかしベストカーの目線はすでに来年の2021年を向いていた。搭載見込みのパワーユニットや予想スペック・エクステリアなど、編集部が知っているすべての情報を17ページに落とし込んだ。

1年後の情報だなんてあまりにもせっかちのようにも聞こえるが、来年に向けて今年徐々に明らかにされていく新車情報の源流だ。見逃すことは出来ない。とはいえまだスクープの段階なので、「そうなればいいな」と期待を持ちつつ気長に待つとしよう。『ベストカー』2月10日号

気になる見出し……●2021年の新車 編集部が知っているすべての情報●最新車スノーテスト2020●NEWインプレッサVSカローラスポーツ&マツダ3●今、日本で買えるSUV 国産&輸入車全部アルバム●新春放談 2020年のクルマ界重要ポイント●テリー伊藤プロデュース 丸目のデリカD:5登場●消えたクルマばかりが出てくる特集

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ ヤリス 新型、コンパクトSUV派生が決定…ティザースケッチ 画像 トヨタ ヤリス 新型、コンパクトSUV派生が決定…ティザースケッチ
  • ホンダといすゞ20年ぶりの“復縁”、燃料電池商用車を共同開発へ[新聞ウォッチ] 画像 ホンダといすゞ20年ぶりの“復縁”、燃料電池商用車を共同開発へ[新聞ウォッチ]
  • 鬼キャン『ミウラ』に初代バモスカスタム、会場で驚かされたクルマたち…東京オートサロン2020 画像 鬼キャン『ミウラ』に初代バモスカスタム、会場で驚かされたクルマたち…東京オートサロン2020
  • BMW Mカー世界販売が過去最高、32%増の13万台超え 2019年 画像 BMW Mカー世界販売が過去最高、32%増の13万台超え 2019年

特集

おすすめのニュース