【SUPER GT】ホンダはGT500初参戦が3名…東京オートサロン2020

ホンダNSX-GT(東京オートサロン2020)
  • ホンダNSX-GT(東京オートサロン2020)
  • ホンダNSX-GT(東京オートサロン2020)
  • ホンダNSX-GT(東京オートサロン2020)

ホンダは10日、東京オートサロン2020にて今季のモータースポーツ活動計画の概要を発表した。SUPER GT参戦体制も公表され、2020年は新たに車両レイアウトを変更し、新しいクラス1規定に準拠したホンダ『NSX-GT』を5台投入する。

速さを見せながらも連覇達成とはならなかったホンダ陣営。昨シーズン限りでジェンソン・バトン、中嶋大祐、ナレイン・カーティケヤンはすでにSUPER GTから離れること発表していたこともあり、今季の布陣がどのようになるのか注目が集まっていたが、GT500初参戦の3名が起用された。

バトンが抜けた100号車にはスピードに定評のある牧野任祐が加入。その牧野とカーティケヤンが抜けたModulo Nakajima RacingにはARTAから伊沢拓也が移籍、チームメイトには2019年までGT300クラスに参戦していた大津弘樹が昇格した。

伊沢が抜けたARTAにはこちらも昨年までGT300に参戦していた福住仁嶺が加入。クラスチャンピオンに輝いた福住の加入は大きな戦力となるだろう。

2019年のSUPER GT×DTM特別交流戦で突如引退を発表した中嶋大祐に代わって武藤英紀とコンビを組むことになったのは、SUPER GT初参戦となる笹原右京。もともとホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトの一員だったが、ポルシェカレラカップに参戦し、ホンダから離れていた笹原の起用は今回最大のサプライズと言える。

若く有望な選手が多く加入した今年のホンダ勢。今年は若手を中心にチャンピオン奪還に挑む。

<2020年 GT500クラス参戦ホンダ勢>
#8 野尻智紀&福住仁嶺(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)
#16 武藤英紀&笹原右京(TEAM MUGEN)
#17 塚越広大&B. バゲット(KEIHIN REAL RACING)
#64 伊沢拓也&大津弘樹(Modulo Nakajima Racing)
#100 山本尚貴&牧野任祐(TEAM KUNIMITSU)

<2020年  SUPER GT GT300クラス参戦ドライバー>
#18 小林崇志&松浦孝亮(TEAM UPGARAGE)
#34 道上龍&ジェイク・パーソンズ(Modulo Drago CORSE)
#55 高木真一&大湯都史樹(ARTA)

《河村大志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース