自動運転ロボタクシーと歩行者のコミュニケーション、コンチネンタルがシステム発表へ…CES 2020

コンチネンタル(Continental)は、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、自動運転ロボタクシーと歩行者のコミュニケーションシステムを初公開すると発表した。

自動運転ロボタクシーの前方に歩行者が検出されると、コンチネンタルのヒューマンマシンインターフェイスが反応し、通信を行う。車両のセンサーは歩行者の存在を認識し、視聴覚インターフェースによって検証される。

センサーによって検出された情報をもとに、ボディに取り付けられたディスプレイが、自動運転ロボタクシーが歩行者を認識したことを知らせる。

また、サウンド警告システムが、歩行者に注意を促す。 歩行者を横断させるために自動運転ロボタクシーが停止すると、乗客にこのことが通知される。

コンチネンタルは、自動運転では乗客と歩行者にとって、安全性が重要。最終的な目標は、ユーザーと自動運転車との間に信頼関係を構築すること、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース