カーメイト初出展へ、360度ドラレコを北米市場にアピール…CES 2020

カーメイトは、2020年1月7日から10日まで米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2020」に初出展。360度カメラ「ダクション360」シリーズをメインとし、コンセプトや製品展示、その発展技術などを世界に向けて発信する。

ダクション360は、前方だけでなく、同乗者や自分の運転が記録でき、万が一の際はドライブレコーダーにもなる新カテゴリーの「ドライブアクションレコーダー」。4K相当の高画質で360度映像を撮影でき、データはスマートフォンにダウンロードして閲覧できる。カーメイトでは2018年10月からダクション360シリーズを米国で販売してきたが、今回の出展によりさらなる認知拡大や販売促進を図る。

ブースでは、水平360度を記録できる全天周モデル「ダクション360」と、垂直360度にも対応する高性能全天球モデル「ダクション360S」の米国販売モデルを紹介。360度ドライブのVR体験ができるコーナーも用意する。

また「東京モーターショー2019」に出展した360度ドライブレコーダーの発展技術も紹介。360度映像の中から人物を検出するアルゴリズムや、車両上から周囲の景色を360度まるごと撮影する専用ルーフキャリアアタッチメント、専用SIM通信ユニットなど、360度ドライブレコーダーの発展技術のニーズを海外でも引き続き調査する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース