パイオニア製ナビ連動型ドラレコ3万8000個、録画機能停止のおそれ 自主改善へ

パイオニアは、後付用品として販売したナビ連動型ドライブレコーダー約3万8000個に不具合があり、録画機能が停止するおそれがあるとして、国土交通省に自主改善の実施を届け出た。

対象となるのは、2018年7月10日~2019年10月2日にスズキ車向けに出荷された「99000-79BM8-000(ND-DVR1347ZS)」約1万9000個と、2018年10月11日~2019年10月28日にパイオニア製品として出荷された「VREC-DS600」約1万9000台の合計約3万8000個。対象製品のバージョンはスズキ車向けが「DVR-20180421」「DVR-20181214」「DVR-20190906」、パイオニアが「VREC-20180608」「VREC-20190311」。接続したナビゲーションでバージョンを確認できる。

対象製品は、制御プログラムが不適切なため、特定のタイミングで電源を落とした場合、録画機能が停止するおそれがあることが判明した。

自主改善として、スズキ車向けドライブレコーダーは、ソフトウェアのバージョンを確認し、対象の場合は制御プログラムを対策プログラムに書き換える。パイオニアドライブレコーダーは、更新プログラムを配信等し、使用者自身でインストールを実施して、対策プログラムに書き換える。

不具合は76件発生、事故は起きていない。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース