三菱グループ3社、大規模太陽光発電設備などを三菱自動車岡崎製作所に導入

代表的な設置場所の完成イメージ
  • 代表的な設置場所の完成イメージ

三菱自動車は12月11日、三菱商事および三菱商事パワーが提供するエネルギーソリューションサービスを、三菱自動車の電動車主力工場である岡崎製作所(愛知県岡崎市)に導入すると発表した。

このエネルギーソリューションサービスは、三菱商事および三菱商事パワーが、屋根置き太陽光発電設備と車載用リユース電池を活用した蓄電システムを設置し、再生可能エネルギーの積極導入を通じたCO2削減を推進するもの。FIT制度に頼らないnon-FIT自家消費型の屋根置き太陽光発電サービスとしては国内最大級の規模となる。

太陽光発電設備は2019年10月に着工、2020年5月に稼働予定で、初期設置容量は約3MW(年間発電量:3GWh)だが、順次、追加増強して発電量を増やしていく計画だ。発電した電力は三菱自動車岡崎製作所で使用し、電動車をより低炭素・クリーンに生産できる環境を整える。三菱自動車は電力料金の負担のみで、初期投資や設備保有をすることなく、太陽光発電設備によるCO2フリーな電力を利用できる。

また蓄電システムは、岡崎製作所で生産・販売した『アウトランダーPHEV』のリユース電池を活用した最大1MWh容量のシステムを2020年度中に導入する計画。これら太陽光発電設備および蓄電システムにより、CO2排出量を年間約1600 CO2-t削減するとともに、電力消費のピークカットを実現する。

三菱商事および三菱商事パワーは将来的にVPP(バーチャルパワープラント)として蓄電システムを活用することも検討し、地域の電力供給系統の安定化への寄与を目指す。さらに、三菱自動車は、災害等非常時の停電の際には、近隣地域の避難所となる体育館に本設備から電力を供給することで、岡崎製作所だけでなく、地域住民の災害対応にも貢献していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • パナソニック、FCフォークリフト向け水素ステーション稼働 太陽光とエネファーム技術を活用 画像 パナソニック、FCフォークリフト向け水素ステーション稼働 太陽光とエネファーム技術を活用
  • スバル、2020年度までにCO2直接排出量を2万トン削減へ 太陽光発電導入など 画像 スバル、2020年度までにCO2直接排出量を2万トン削減へ 太陽光発電導入など
  • 京セラとBYDジャパン、太陽光発電とEVバスによる再エネ「需給一体型モデル」で協業開始 画像 京セラとBYDジャパン、太陽光発電とEVバスによる再エネ「需給一体型モデル」で協業開始
  • 日産 リーフ にクリスマス仕様…回生ブレーキで得た電力でイルミネーション点灯[動画] 画像 日産 リーフ にクリスマス仕様…回生ブレーキで得た電力でイルミネーション点灯[動画]

特集

おすすめのニュース