技術で突き抜けた町の修理工場、BMWのお墨付き…リペア・ナガオカ

自動車 ビジネス 国内マーケット
BMWのお墨付き、技術で突き抜けた町の修理工場…リペア・ナガオカ
  • BMWのお墨付き、技術で突き抜けた町の修理工場…リペア・ナガオカ
  • 2000年5月に長岡社長が創業
  • 修理、コーティング、パーツ取付などBMWディーラーから多くの依頼がある
  • BMW鈑金塗装工場認定証
  • コーティング剤にもBMWマーク
  • 今年7月、全国で31番目のプラチナ認証工場となった
  • 幅広い輸入車に対応可能な故障診断器も完備
  • 経験や勘に頼らない、ミリ単位な計測が可能な最新設備を完備
飯豊連峰の麓、のどかな田園風景が広がる“飯豊町(いいでまち)”にある「リペア・ナガオカ」は、わざわざ遠方から足を運ぶ価値のある自動車修理工場だとオススメしたい。

リペア・ナガオカは、山形県南部に位置する人口7000人程の町に工場を構え、最新設備と卓越した技術でお客様の大切な愛車を預かる修理工場である。創業者である長岡弘喜社長は「お客様の顔が見える小さな町だからこそ、安心・安全な修理を心掛けています。大都市の工場にも修理品質では負けません」と、地域のカーライフを守るためにサービス品質にこだわっていることに言及された。

2000年5月に長岡社長が創業


◆ BMWのお墨付き、ディーラーに頼られる技術力

同社をオススメするのには訳がある。その一つがBMWの“お墨付き”があること。
事故や故障で愛車の修理が必要な時、多くの人はディーラーに車を預けるが、依頼を受けたディーラーが全ての車両を修理している訳ではないことはご存知だろうか? ディーラーは自社が信頼を置く修理工場に外注することが一般的である。
リペア・ナガオカは、BMWが独自の厳格な基準のもとに監査・認定を行う「BMW鈑金塗装工場認定」を保有する全国56工場の一つとして、BMWからの仕事を多く請け負っている。

修理、コーティング、パーツ取付などBMWディーラーから多くの依頼がある

BMW認定鈑金塗装工場には、修理品質を高めるための設備基準がある。また、ボディ素材に関する知識や取り扱い、適切な修理プロセス、専用塗料による調色などを学ぶトレーニングの受講が義務付けられていることで、一般の修理工場とは一線を画した“ディーラー基準の仕上がり”を実現している。

BMW鈑金塗装工場認定証
コーティング剤にもBMWマーク


◆ 技術も必要だがその技術の裏付けとなる証明が必要

さらに今夏には、世界的に知られるドイツの第三者監査機関テュフの日本法人、テュフラインランドジャパンによる鈑金塗装工場認証の最上位「プラチナ認証」の取得に挑んだ。この認証は鈑金塗装工場の設備や修理品質、さらにはコンプライアンスなどを包括して監査するもので、大型欧州車に対応可能な設備の保有、アルミ合金が採用された自動車の修理も適切に行える設備、環境に優しい水性塗料への対応など、普通の修理工場にとっては非常に厳しい条件が求められる。

今年7月、全国で31番目のプラチナ認証工場となった

しかし、元々BMW7シリーズのような大型輸入車の修理を請け負っていた同社にとっては、あって然るべき設備、できて然るべき修理であり難なく認証を取得、晴れて全国で31番目のプラチナ認証工場となった。これによって同社は、BMWだけでなく幅広いメーカーの修理を高いレベルで行えることが“証明”されたわけである。

長岡社長が“証明”にこだわるのは、20年前の創業当時、なかなかディーラーの仕事を任せて貰えなかったことが根底にあるそうだ。当時の経験から「お客様の大切なクルマを預けてもらうには、技術も必要だがその技術の裏付けとなる証明が必要だ」と思うようになったと教えてくれた。確かに、何を持って“プロフェッショナル”なのか曖昧なことが多いのはどの業界にも言えることだ。

幅広い輸入車に対応可能な故障診断器も完備
経験や勘に頼らない、ミリ単位な計測が可能な最新設備を完備


◆ 塗装の質に自信あり

ボディの一部分だけ明らかに色が違って見える車を目にしたことはないだろうか? これは、キズやヘコミの修理をした後の塗装に問題があるからだ。違いが一目瞭然で分かるような塗装は問題外だが、この塗装という作業は実に奥が深く上手い下手がはっきりとしてしまう。リペア・ナガオカは会社のアイコンにスプレーガンを取り入れるほど、塗装には自信を持っている。

スプレーガンが会社のアイコン

鈑金塗装を生業としているショップであっても黒いボディカラーの塗装やコーティング施工を嫌がるショップがある。これは黒という色がボディの状態を映し出す色であるからで、つまり作業の質の良し悪しが一目瞭然となってしまうのだ。
事実リペア・ナガオカにも、他社で断られたユーザーからの依頼があるという。このような難しい依頼にしっかりと対応することで、信頼を勝ち取り自社のファンになってくれるユーザーも少なくないという。

環境とスタッフに優しい水性塗料を導入


◆ すべては地元のために

全国でもわずかしか保有していない「BMW鈑金塗装工場認定」や「プラチナ認証」の取得により、名実ともに国内有数の自動車修理工場に名を連ねたリペア・ナガオカだが、それに奢るようなことは全くない。
もともと、人口が減少傾向にある飯豊町で、地域の方に質の高いサービスを提供し続けるためには、地域の外からお客様を呼び込む必要があるとの考えを持ち、価格や利便性だけでお店選びをしない“こだわりの強いカーオーナー”に選ばれるサービスを提供し続けてきた同社の考えは今も変わっておらず、「修理の品質を上げて他地域からのお客様を地元に呼び込み、せっかく来てくれたお客様には飯豊町の良いところを感じて欲しい、それによって地域が潤えばこれほど嬉しいことはない」と長岡社長は地元への想いを口にする。


あらためて言うが、もし信頼できる修理工場と出会えていないカーオーナーがいたならば、「飯豊町が誇る“匠”の修理工場リペア・ナガオカ」をオススメしたい。少しばかり遠くても、飯豊町にはそれを補うほどの“綺麗な景色”や“美味しい食事”、そして“信頼できる自動車修理工場”がある。観光ついでに足を運んでみてはいかがだろうか。


飯豊町の田園散居集落は、平成5年「第1回美しい日本のむら景観コンテスト」最高賞の農林水産大臣賞を受賞した景色だ
明るく広い作業スペース、ASVの機能調整を行うスペースも新設
リペア・ナガオカ スタッフ一同


<店舗情報>
リペア・ナガオカ
住所    :山形県西置賜郡飯豊町大字中2515
       電話)0238-78-5022
定休日   :日曜日・祝祭日
ホームページ:https://r-nagaoka.com/

BMWのお墨付き、技術で突き抜けた町の修理工場…リペア・ナガオカ

《カーケアプラス編集部@市川直哉》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ、初代 ロードスター レストアサービスの5台目を納車…フルレストアとクリア塗装で生まれ変わる 画像 マツダ、初代 ロードスター レストアサービスの5台目を納車…フルレストアとクリア塗装で生まれ変わる
  • ヤレた内装を一新! 初代RX-7のスペシャリストが創り出したレストア術 画像 ヤレた内装を一新! 初代RX-7のスペシャリストが創り出したレストア術
  • 【サバンナRX-3 復活へ】コイツが走る、その姿を見せる…駒場豊の挑戦 画像 【サバンナRX-3 復活へ】コイツが走る、その姿を見せる…駒場豊の挑戦
  • 【愛車ファイル】マツダ ロードスターRF…妖艶なバックスタイルで異次元へ翔ぶ 画像 【愛車ファイル】マツダ ロードスターRF…妖艶なバックスタイルで異次元へ翔ぶ
  • 今年のVW「cross up!」は beats sound system 標準装備、216万9000円で販売開始 画像 今年のVW「cross up!」は beats sound system 標準装備、216万9000円で販売開始
  • アウディのEVスポーツ『RS Q e-tron』はミサイルより速い! 映画『スパイズ・イン・ディズガイズ』[動画] 画像 アウディのEVスポーツ『RS Q e-tron』はミサイルより速い! 映画『スパイズ・イン・ディズガイズ』[動画]

特集

おすすめのニュース